スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keep on kovers

moblog_4a595267.jpg
keep on kovers SPEEDPLAY用クリートカバー。

moblog_0d12c1d3.jpg
↑装着例。

クリートカバーが吹っ飛んだので、サードパーティー製の穴開き仕様の物を楽天でポチッと。

純正品をJUNさんに加工してもらった物と比較すると…

1.切り欠き部分の仕上げがキレイ。

2.切り欠き部分の寸法精度が高い。

3.クリートへの嵌め合いが強く容易に外れそうにない。

といった所でしょうか?1と2はDIYなんで仕方ないところ。

3が重要で純正品は脱着が前程で、嵌め合いが弱く手で引っ張れば簡単に取れる。

これはガチッと嵌って少々のことでは取れなさそう。

これなら走行中や歩行中に外れて知らん間に無くすことも無いだろう。

クリートカバーが無い間はコンビニなんかでペンギン歩き、

信号待ちで足ついたときにツルっといって非常に恐かったです。

これで階段も安心♪






スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ソルダリング。


↑うまく撮れませんでしたが結線部分。

後輪の初期フレ取りとテンションを上げる方向で再調整、

そしてソルダリングを行ってもらった。


ソルダリングの目的は剛性を上げるというのではなく。

スポークの交差部分にHOSHIの刻印があり、

走行中それが擦れてピシピシ音が鳴ってうるさかった。

結線してスポークが擦れないようにしようというのが今回の目的。

で、目的は達成されました、全然音しなくなりました。∩( ・ω・)∩バンジャーイ


そしてテンションを結構上げた事により、ホイール剛性もアップ。

縦方向のみならレーシング1より固いかも知れん…(汗)

テンションアップキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!!!

↑自分のテンションを上げてどうする(;^ω^)

正直ホイールのテンションアップだけでここまで乗り味が激変するとは思ってませんでした。

固くなったせいか、踏み出しが重く、高速域で伸びる感じになった。(タイヤのせいかも)

フレームとホイールのバランスが固い+固いに戻った(;^ω^)

もう少し距離乗って、登ってみないとなんとも言えないところも残ってますが。

自分の知ってる(履いたことのある)ホイールでは、

なんとなく旧コスミックカーボンみたいな感じになったので、

コレはコレでアリかも知れん。





テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

何気に…


↑治ってきたMUURの後輪。

ハブの修理に出したら、セラミックB化されて帰ってきましたw

しかも反フリー側がラジアル組になって、

フルクラムの2to1みたいになっててカコイイ(*゚д゚*)モエー


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

クリート交換。


↑新しいクリート。

クリートがかなりヘタってきてたので新品に交換。

さすがに一昨年のGWあたりから使ってたので、良くもった方と思う。

ペダルキャッチ時のカチッとした感触が気持ちいい。

SPEEDPLAYはネジが多いけど、狙ったクリート位置を完璧に出せるのがイイね。


今日は風邪がおもわしくないないので車通勤、自転車乗ってません。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

今年最後のIYH!!!

今年最後のIYH!!!っちゅ~訳で念願の携帯ポンプをズサーc⌒っ゚Д゚)っ

ブツはLEZYNE ROAD DRIVEを(σ´Д`)σゲッツ!!

以前、茶さんのPRESSURE DRIVEをお借りした時に7.5気圧まで入りましたが、

ROAD DRIVEの方がより高圧対応なので早速テスト。

比較対象はTOPEAK ポケットロケットDX(現在は廃盤、ⅡにMC)

エアゲージはパナレーサーの物で計測。


↑ポリッシュカラーがキレイ♪


↑以前使ってたポケットロケットDX。

まずはポケットロケットDXから…

ポンピング 100回 5.0気圧

      150回 6.6気圧

     最大空気圧 6.6気圧(152回)

バルブ差込部を手で押さえてポンピングする必要があるので、

怪我で右手の握力が落ちてるので100回越えた辺りから

かなり重くなってきて非常にツライ、150回ぐらいで限界。

しかもエア圧が高くなってくると、バルブの部分をかなりしっかり押さえないと

差込部分からシュ~っとエア漏れするのでかなりロスする。


続いてROAD DRIVE…

ポンピング 100回時 5.0気圧

      150回時 7.2気圧!

      最大空気圧 7.9気圧!!(177回)


これも100回あたりから重くなってくるが、

両手でしっかりポンプを持てるので力が入れやすい。

150回くらいで相当重くなるが、150回越えてもなんとか押せる。

バルブの差込がネジ込み式なのでエア漏れが皆無。

もうちょっと頑張れば8気圧は十分入ると思われます。

あとどちらのポンプもなんですけど、エア圧が上がってくるとポンプが熱くなってきます。


↑MCされたホースとパナのエアゲージ。

2012年モデルからホースがMCされて、ホース内の残圧を排気するボタンが付いてます。

押すとプスッと排気され、ホースがバルブから外しやすくなります。

コレかなりオススメですわ~。(・∀・)イイ!!

たつおさん、抜け駆けしてスマソ。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ




テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

こやま@muur zero

Author:こやま@muur zero
1976年生産
チームMUUR ZERO所属
ついにE1からE2に陥落した、
モグリの登録選手です。

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンターでありますっ!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。