スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIDI エルゴ2インプレ。 追記有り。

一ヶ月ほど使用してかなり足になじんできたんでそろそろインプレ。

前から。

足型、サイズ設定は前にはいてたジーニアス5(以後G5)と特に変化無し、当然と言えば当然か。

アッパーの皮がエナメル調になったせいかG5より伸びが少ない感じがする。

実際足になじむまでG5の時より時間かかった。

G5は雨の中走ると一発でアッパーが伸び伸びになるが、

エナメルの表面処理が効いてるのか濡れても伸びた感じはしなかった。

G5はストラップの下2本ベロクロで、接着力の低下がほぼ靴の寿命。

自分のもなんぼ締めても気付けばすぐ緩んでしまうようになった。

エルゴ2は真ん中のストラップがテクノロックシステムなんで

ベロクロの心配はG5より少なそう。


問題はカーボンソール、SIDIはカーボンソールに否定的な時期もあり、

カーボンソール作り始めたの割りと最近な気がする。

自分が自転車始めた頃(99年くらい)にはカーボンソールのモデルは無かったと思う。

自分もカーボンソールはあまり好きじゃない。

シマノほどガッチガチではないがG5と比べるとかなり固い。

G5の樹脂ソールの方が長距離走った時に足の裏が楽である。

実際昨日の自走大台ケ原で、後半右足の裏がシビレてきた。

条件がかなり違うが、自走淡一でG5の時はシビレる事はなかった。


地味にいい仕事してるヒールカップシステム。

この靴で一番お気に入りなヒールカップシステム。

踵のホールド感はG5でも不満は無かったが、

エルゴ2ではコレのお陰でもの凄くしっくりするようになった。

横のネジを回して内外独立して締め付けを微調整できる。


個人的にはヒールカップシステムの付いたG5かエナジーがあると最高ですね。

自分の足にはカーボンソールは必要ないみたいです。


・追記

定価4万オーバーの靴やのに、

純正で付いてくるインソールは相変わらずペラペラの奴。

サイズ41とか書いてるが、靴の中で微妙に動く。

こんなんやったらやったら最初から入れんでいいから、

1000円くらい安くしなさい(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

こやま@muur zero

Author:こやま@muur zero
1976年生産
チームMUUR ZERO所属
ついにE1からE2に陥落した、
モグリの登録選手です。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カウンターでありますっ!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。