スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STIレバーとヘッド。


↑修理してもらって、しっかり元の位置に戻る様になったSTI。

moblog_deb13e19.jpg
↑参考までに昨日の状態。

カリスマメカにSTIレバーを修理して頂きました。

やはりレバーのヒンジ部分のリターンスプリングが折れてました。

ST-7800の展開図

部品NO.6のR.H.Return Springを、部品NO.17のReturn Spring Installation Tool

を使って交換して修理して頂きました。

意外と簡単に直ってよかったです(^^;



↑交換してもらった時はスペーサーレスでしたが4mm入れました、キャップのハイトは5mm。


元々付いてたヘッドキャップ、ハイトは15mm。

新型MUURは旧型よりヘッドチューブが10mm長く130mm有ります。

ヘッドキャップもトールキャップだったので、

納得のいくハンドル落差が出せませんでした。

こちらの無理を聞いて頂いて、

ちょっと苦労して5mmハイトの物に交換してもらいました。

かなりいい感じでハンドルが下がりましたが、

下ハン持つと4ヶ月サボったツケで腹がつっかえるので、

結局4mm分スペーサーを入れました(^^;

元の位置より6mmDOWNですね。

もう少し痩せて、上半身の筋力、柔軟性が戻ってきたら、

スペーサーも全部抜けるでしょう。

カリスマメカ、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こやま@muur zero

Author:こやま@muur zero
1976年生産
チームMUUR ZERO所属
ついにE1からE2に陥落した、
モグリの登録選手です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンターでありますっ!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。