スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルダリング。


↑うまく撮れませんでしたが結線部分。

後輪の初期フレ取りとテンションを上げる方向で再調整、

そしてソルダリングを行ってもらった。


ソルダリングの目的は剛性を上げるというのではなく。

スポークの交差部分にHOSHIの刻印があり、

走行中それが擦れてピシピシ音が鳴ってうるさかった。

結線してスポークが擦れないようにしようというのが今回の目的。

で、目的は達成されました、全然音しなくなりました。∩( ・ω・)∩バンジャーイ


そしてテンションを結構上げた事により、ホイール剛性もアップ。

縦方向のみならレーシング1より固いかも知れん…(汗)

テンションアップキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!!!

↑自分のテンションを上げてどうする(;^ω^)

正直ホイールのテンションアップだけでここまで乗り味が激変するとは思ってませんでした。

固くなったせいか、踏み出しが重く、高速域で伸びる感じになった。(タイヤのせいかも)

フレームとホイールのバランスが固い+固いに戻った(;^ω^)

もう少し距離乗って、登ってみないとなんとも言えないところも残ってますが。

自分の知ってる(履いたことのある)ホイールでは、

なんとなく旧コスミックカーボンみたいな感じになったので、

コレはコレでアリかも知れん。





スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見しています。
初めてコメントします。

写真を見る限りフリー側を4本組みで組んでいますが、
6本組みで組むとスポークの交点(最終あやどり点)が より外周部になるので、
HOSHIロゴが擦ることはなくなると思われます。
しかし、このハブで6本組みは色々とつらい事情があります。

擦っても音鳴りしないエアロスポークはサピムCXですが
サピムの国内代理店のCXの取り扱い中、最長の長さが278mmなので、
このリム高のホイールを6本組みでは組めません。
ハブの寸法の都合もあって、4本組みでも無理です。

24穴のリムでフリー6本組み 反フリー0本組み(ラジアル組み)は
左右のテンションバランスが最悪な組み方です。
穴数YのリムでX本組みしたいときにホイールが成立するとすると、
Y≦4/X となります(24穴は6本組みが成立する最小本数ということ)。
36穴の6本組みと24穴の6本組みではホイールを横から見たときに
コサイン方向にスポーク張力を損失する角度が異なります。
(36穴の6本組みと24穴の4本組みで同じくらい)
ラジアル組みはコサイン損失がゼロ
(横方向から見た場合の話。前後方向から見ればオチョコのコサイン損失はある)
ですから、単純に言ってラジアル組みはタンジェント組みよりも
スポークテンションが下がるんです。
手組みホイールでラジアル組みがゆるみやすいのもこれが理由です。
リヤメカ干渉問題とスポークの首下折れリスク増大と耐ねじれ剛性低下のリスクが
あるので手組みホイールでは推奨しませんが、
フリー側をラジアル、反フリー側をタンジェントで組むと左右のテンション差が
均一方向に近づきます。これを1999年に初めてやったのがキシリウムの偉業です。
そしてこれを一旦採用しながら止めたのがシマノのダメなところですね。
ZIPPも去年からフリー側ラジアルです。

このホイールでは そういう理由でフリー側6本組みを避けるために
4本組みにして多少のバランス是正を狙っていると思います。
このメーカーのハブはセラミックベアリングでない方のハブが
ハイローフランジになっていて寸法的にけっこう 優秀なのですが、
セラミックハブは左右のフランジ寸法が同じなので
左が明らかに甘いテンションになります。
それを少しでも上げるにはフリー側4本組みが最適解だったのではないでしょうか。

もうひとつの手は、リムが左に思いっきりずれたホイールを組むことですが、
これはもちろん論外です。
トラック用ホイールなら1mm センターをあえてずらすということもありますが。

せっかくスリット穴のハブを使うのですから、
幅2.8mmくらいのエアロブレードスポークを使いたいですね。
ということで星のエアロ スターブライト(2型)を使っていると思うのですが、
スポーク長さの制約とハブの寸法から考えて この組み方しかありえません。

同じハブ、同じレシピで(20Hではありますが)旧コスミックカーボンを
リム買いして わざわざ手組みしている人を知っていますが、
CX-RAY20本で特に剛性面で不安を感じていないそうなので、
CX24本なら なおさら強いと思います。

よく勘違いされることですが、ソルダリングは ハンダ自体に結線の力はありません。
結線の効果は あくまで鋼線の縛りにかかっています。
その鋼線がゆるまないためにハンダ付けしているだけです。
ということは鋼線はスポークの交点に くるくる巻くだけじゃダメなんです。
ある方法で縛らなくてはいけません。

いやー写真がぼけててよかった(と組んだ人は思ってるはず)。

No title

間違えました。
Y≦4/Xではなく
Y≦X/4です。

No title

上のコメントの人の知識量に完敗…v-404

僕も今日パーツが届いたんで今からホイール組しまーすv-363
しかし2to1は難しいみたいですね…ニップルワッシャ&ロックタイトで緩みにくいホイールに仕上がるといいのですがv-388

(ノ`m´)ノ ~┻━┻ (/o\) オトウサン ヤメテー さんへ…

初めてコメントありがとうございますw
解説乙です。(´‘c。‘` )ホホウ ナルホド…
そういえば昔愛用していたwh7701フリー側のニップル、スポークが何回も折れました。
トラブルの理由がよく分かります。

また解説よろしくお願いします。m(._.)m

細身さんへ…

上の方は…ん~あれだw
大人の事情ということでw

新しいのできたら見せてね。
プロフィール

こやま@muur zero

Author:こやま@muur zero
1976年生産
チームMUUR ZERO所属
ついにE1からE2に陥落した、
モグリの登録選手です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンターでありますっ!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。